The Dangers of Gaia ガイアの危険性

· Ecology and evolution, Philosophy
Authors

Importance of automatic translation programsI published this knol in April 2007 as a post on my blog and found today that it has been translated into Japanese using Yahoo! Japan. I show it here including all comments. It may serve as an example for the enormous potential automatic translation programs have for transmitting knowledge across borders and initiating discussions. The importance of using knols for this purpose has been discussed in another knol.The Beauty of EarthThe critical question: Shall we leave the preservation of Earth in all its beauty to the Greek Earth Goddess or do something about it ourselves?The beauty of Earth. Solar etchings by Klaus Rohde. From [1] © Klaus Rohde The Dangers of Gaiaガイアの危険性

The Gaia (Greek Earth Goddess) hypothesis was proposed by James Lovelock and states that the Earth’s biotic and abiotic components form a single, interacting whole that can be thought of as a single organism. Living organisms have a regulatory effect on the environment, promoting the persistence of life. There are several variants of the hypothesis, some close to being straight forward absurd, others so vague and close to accepted scientific ideas that some people (e.g., Richard Dawkins in his Unweaving the Rainbow[2]) have expressed the view that the hypothesis is superfluous. Dawkins, among others, believes that natural selection (in his view the only mechanism driving evolution, beside neutral drift) has no “foresight” necessary for a Gaia effect to occur, but is restricted to selecting genes on the basis of how they perform in the present environment. Lynn Margulis, on the other hand, well known for her studies demonstrating the symbiotic origin of several cell organelles (such as mitochondria) is a strong supporter of the Gaia hypothesis (although not its extreme version).ガ イア(ギリシアの地球Goddess)仮説は、ジェームズラブロックによって提案されて、地球の生命で非生物的な構成要素が一つの有機体とみなされること ができる、一つの、相互に作用している全体を作ると述べます。生きている有機体は環境に調整影響を及ぼします。そして、生命の持続を進めます。仮説(まっ すぐに前方へ不合理であることの近くのいくつか)のいくつかの変形があります。そして、他が一部の人々(例えば‖彼のUnweavingのリチャードドー キンスが、Rainbowです)が仮説が余分であるという見方を表したように漠然としていて、一般に容認されている科学的な考えに近いです。ドーキンズ は、その中に、自然淘汰(中立不偏の漂流のそばに、進化をドライブしている彼の表示唯一のメカニズムで)が起こるために「先見性」をガイア効果のために必 要にしなくて、彼らが現在の環境で行う方法に基づいて遺伝子を選ぶことに制限されると思っています。他方、いくつかの細胞細胞小器官(例えばミトコンドリ ア)の共生起源を示している彼女の研究で有名なリンマーギュリスは、ガイア仮説(その極端なバージョンであるけれども)の強い支持者です。

I do not wish to discuss the scientific merits of the hypothesis, but want to draw attention to its potential misuse.私は仮説の科学的なメリットを議論したくなくて、その潜在的不正使用に注意をひきたいです。

An organism consists of many parts (cells, tissues, organs) that do not only interact but interact in such a way that the survival of the organism is guaranteed, by “self-correcting” (homeostatic) mechanisms (e.g., if the temperature in a homeothermic animal becomes too high, or if it is in danger of becoming too high, it is lowered by behavioural or physiological processes). Adherents of the Gaia hypothesis believe that the same must occur on Earth. The danger here of course is the false conclusion that – if Earth heats up, as presently apparently happening – :don’t worry, don’t do anything, Gaia will look after it.「自 動修正」(ホメオスタシス)メカニズム(例えば、homeothermicな動物の温度があまりに高くなるならば、あるいは、それがあまりに高くなること の危険にさらされているならば、それは行動に関するか生理的プロセスまでに降ろされます)で、有機体は相互に作用するだけでなく、有機体の生き残りが保証 されるそのような方法でも相互に作用する多くの部品(細胞、組織、器官)から成ります。ガイア仮説の支持者は、同じことが地球に起こらなければならないと 思っています。ここの危険は、もちろん間違った結論ですその – 現在明らかに起こって、地球は加熱しますかどうか – :心配しないでください。何もしないでください、ガイアはそれの世話をします。

Richard Dawkins, in his Unweaving the Rainbow, tells the story of an “ecologist”, who, at a conference sponsored by the British Open University, in which the possibility of extinction of the Dinosaurs by an asteroid impact was raised, saidリチャードドーキンス、彼のUnweavingにおいて、Rainbowは「生態学者」の物語を語ります、そしてその人は、英国人が後援する会議で、小惑星影響によるDinosaursの絶滅の可能性が上がった放送大学は言いました

This could not have happened, ‘Gaia would not have permitted it’.これは起こることができませんでした、『ガイアは、それを許しませんでした』。

Gaia may very well permit the extinction of life on Earth by any mechanism that gets out of hand, and this includes global warming. After all, even an organism can die if its homeostatic mechanisms fail: patients are known to have died of high fever. And that such mechanisms operate at the level of a superorganism comprising the entire Earth, postulated by the Gaia hypothesis, is at least doubtful. I certainly would not bet on it.ガ イアは手に負えなくなるどんなメカニズムででも地球での生活の絶滅を非常によく許すかもしれません、そして、これは地球温暖化を含みます。結局、そのホメ オスタシスメカニズムが故障するならば、有機体さえ死ぬことができます:患者が高熱で死んだことは、知られています。そして、そのようなメカニズムが超個 体のレベルで動くために、全ての地球(ガイア仮説によって仮定される)から成立することは少なくとも疑わしいです。私は、確かにそれに賭けません。

On the other hand, the Gaia concept may play a positive role. Let us look at the Earth and its ecosystems in their entirety as a sick patient that needs treatment: Do not only treat the parts that are obviously sick (such as rivers and forests), but get to the bottom of it and treat a sick economic and political system that has lead to the deterioration of the environment. But more on this perhaps in a future post.他 方、ガイア概念は、ポジティブな役割を演ずるかもしれません。処置を必要とする病気の患者として彼らの全部で地球とその生態系を見よう:明らかに、病気で ある(例えば川と森)部品を処理するだけでなくしなさい、しかし、それの真相を究明して、環境の悪化につながった病気の経済で政治システムを扱ってくださ い。しかし、おそらく将来のこれの上のより多くは、ポストします。

20 Responses to “The Dangers of Gaia”「ガイアの危険性」への20の反応 Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 23rd, 2007 at 12:08 pm 午後12時08分の2007年4月23日

My “Model” of Gaia which accurately represents most recent scientific understanding, is that the biosphere *As A Whole* is impervious to both large asteroidal impacts and the absolute worst imaginable global warming. In fact, large asteroidal impacts are absolutely crucial to the biosphere’s natural reproduction (to seed other planets with bacteria). And severe global warming may act to extinguish (or dramatically reduce the population of) the species that is the primary cause, thus having a long term natural fix to the problem. The main long term threats to “Gaia” by this understanding are the “death” of our sun, or “nearby” star explosions.正 確にごく最近の科学的な理解を意味するガイアの私の「モデル」、それが*As A Whole*が両方とも影響されない生物圏です大きいasteroidalな影響、そして、絶対の最悪の考えられる地球温暖化。実際、大きな asteroidalな影響は、生物圏の自然な再生(他の惑星にバクテリアの種をまくために)にとって、全く重要です。そして、厳しい地球温暖化は主因で ある種を絶滅させる(または、人口を激減させてください)ために行うかもしれません。このように、ナチュラルの長期に問題に固定させます。この理解による 「ガイア」に対する主要な長期の脅威は、我々の太陽または「近くの」星の爆発の「終わり」です。

krohde Says: krohde Says: April 23rd, 2007 at 12:28 pm 午後12時28分の2007年4月23日

This “Model” certainly looks interesting. I don’t know how accurately it represents “most recent scientific understanding”, but do you suggest seriously that we should deliberately ignore the effects global warming might have on the survival of human civilization, because we can be assured that some flora and fauna might survive and start the slow rise to “prominence” again?こ の「モデル」は、確かに面白く見えます。私はそれがどれくらい正確に「ごく最近の科学的な理解」を代表するかについて、わかっていなくて、あなたをまねま す我々が若干の植物相と動物相が生き残るかもしれなくて、再び「傑出」への遅い浮上を始めるかもしれないと確信することができるので、我々が地球温暖化が 人間の文明の生き残りの上に持つかもしれない影響を故意に無視しなければならないことを深刻に示唆します?

Concerning the crucial importance of large asteroid impacts for seeding other planets: well, perhaps, perhaps not. To my knowledge (but I have not kept up with the literature), nobody has provided evidence yet that bacteria spread through space, although it may well be possible. Can you supply any references? I would be very much interested and grateful.大 きな小惑星の重要な重要性に関することは、他の惑星に種をまくために衝撃を与えます:さて、仮定、おそらくでなく。私の知識(しかし、私は文学についてい きませんでした)の限りでは、誰も証拠を提供しませんでした、それでも、そのバクテリアはスペースに広がりました、しかし、それは可能でしょう。あなた は、引用を供給することができますか?私はとても興味を持っていて、感謝します。

Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 23rd, 2007 at 2:20 pm 午後2時20分の2007年4月23日

I don’t know where the “might” comes into it (*will* survive). In my way of thinking, Dinosaurs etc. (all the species that extincted at that time) were not “necessary” for the biosphere’s existence. In fact they could be seen like a cancerous growth that was cut out by the asteroid. This made way for lots of niches for further specialised speciation. The end of civilisation as we know it could make way for a myriad of species in a new beginning for the Biosphere. Of course I think global warming has a vanishingly small probability of being the vehicle of our destruction, but it heartens me that we will probably deserve whatever destruction befalls us.私 は、「力」がどこにそれ(*will*は生き残ります)に入るかについて、わかりません。私の考え方では、Dinosaursその他は(その時 extinctedしたすべての種)、生物圏の存在のために「必要でありませんでした」。実際、彼らは小惑星によってさえぎられたがん腫のようであるのを 見られることができました。これは、さらに専門種形成のためにたくさんのニッチに道をあけました。我々がそれがBiosphereの新しい端緒で無数の種 に道をあけることができたということを知っているように文明の終わり。もちろん、私は地球温暖化には我々の破壊の車両であるvanishinglyにわず かな可能性があると思います、しかし、我々が多分、我々に起こるどんな破壊にでも値するだろうことは私を励まします。

Well, I find the tracking of references tedious, but these are the elements (Google might help if you are interested to find citations).さて、私は引用の追跡が退屈であるとわかります、しかし、これらは要素(あなたが表彰状を見つけることに興味を持っているならば、Googleは助けるかもしれません)です。 Bacteria on helmet of lunar space suit survived the vaccuum, cold etc of space and reactivated when back on earth. 地球上で戻るとき、vaccuum、寒さその他を耐えぬかれる月の宇宙服のヘルメットのバクテリアは間隔をあけて、復活しました。

Martian meteorite has fairly extensive circumstantial evidence of bacteria with Martian origin (ie not proven beyond reasonable doubt but consistent with)火星の隕石は、火星の起源でバクテリアのかなり広範囲な状況証拠を持ちます(すなわち理にかなった疑いを越えて証明する、しかし、一貫した)

The fact that meteorites survive fairly intact from one planet to the next in itself is evidence of possible exchange of genetic material (whether it be virus, bacteria, RNA or whatever building blocks)隕石が本来1つの惑星から次までかなり無傷に生き残るという事実は、遺伝物質のありうる交換の証拠です(それが、ウイルスか、バクテリアか、RNAかどんな建築用ブロックでもあるかどうか)

Bacteria in the troposphere? in a zone which has no mixing with lower areas of the atmosphere has been asserted to be explained by extra-terrestrial origin.対流圏でバクテリア?中で、空気の下の領域で混合をしない地帯は、地球外の起源によって説明されると主張されました。

The fact that the freezing and re-thawing of single-celled organisms (including human embryos) does not damage the organism of itself as a *general* trait of a wide swathe of those organisms.事実その氷点、そして、単細胞の有機体(人間の胚を含む)の解けることに関して‖それらの有機体の広い列の*general*特徴としてのそれ自体の有機体を損害を与えません。

Hard evidence (I would rate all of this evidence as circumstancial but convincing) will have to wait for some sample returns from say Mars or certain comets which could harbour detectable quantities.確かな証拠(私は、この証拠の全てをcircumstancialであるが、説得力があると評価します)は、見つけられる量を隠すことができた意見火星または特定の彗星から若干のサンプル報告を待たなければなりません。

It would be an interesting experiment to simulate the environment for a target bacteria, and see if it survives a simulated transmission.目標バクテリアのための環境をシミュレーションして、それがシミュレーションされた伝達を生き残るかどうか見ることは、面白い実験です。

Chris Fellows Says: クリスフェローズは以下のように述べます: April 23rd, 2007 at 3:45 pm 午後3時45分の2007年4月23日

There is no possible way that Global Warming could imperil the survival of human civilisation. This is silliness of the same order as the Creationist theme park. If all the carbon dioxide and methane bands were totally saturated, the average global temperature would rise no more than 10 degrees. Humanity and the biosphere as a whole can readily adapt even to such an extreme case, given the range of climates in which human civilisation and life in general currently flourish. The chance that some runaway positive feedback mechanism exists that would make things worse than this is statistically nil, since in geological time it is a near certainty that volcanoes or methane hydrate ‘burps’ have released equivalent amounts of greenhouse gases over equivalent short periods.Global Warmingが人間の文明の生き残りを危険にさらすことができた考えられる方法が、ありません。これは、Creationistテーマパークと同じ命令 の愚かさです。すべての二酸化炭素とメタンバンドが全く飽和するならば、平均世界的な温度はほんの10度しか上がらないでしょう。人類と生物圏は全体とし てそのような極端なケースにさえすぐに適応することができます。そして、大方の人間の文明と生命が現在全盛である気候の範囲を与えられます。地質年代にそ れが火山またはメタンハイドレート『げっぷ』が等しい短い期間にわたって温室効果ガスの等価量をリリースしたという近い確信である時から、若干の決定的正 のフィードバックメカニズムが存在するという可能性はものをとてもこれが統計学的に無であるより悪くします。

I assert that the economic and political system we have now in the West has given markedly improved environmental conditions in the developed world over the past fifty years, and is likely to deliver these improvements worldwide if allowed. It is not a ‘disease’ from which a prostrate biosphere is suffering. Attempts to ‘treat’ this economic and political system delivered only human and environmental catastrophes to the 20th century.私 は、我々には西側で現在ある経済で政治システムが過去50年にわたって工業化した世界で著しく利用された環境状況を与えて、許されるならば、世界中にこれ らの改善を届けそうであると主張します。それは、疲れ果てた生物圏が被害を被っている『病気』でありません。この経済で政治システムを『扱う』試みは、人 間で環境大災害だけを20世紀に届けました。

krohde Says: krohde Says: April 23rd, 2007 at 5:23 pm 午後5時23分の2007年4月23日

Chris: Concerning the economic/political system: I would be delighted if you were right but have my doubts: probably half the world’s population at this point in time would be skeptical, but – as you suggest- given enough time, they might change their mind. Concerning the effects of global warming on civilization: civilization is a very fragile thing, and nobody knows how it would react to a stress never experienced before. But again, I would be delighted if you were right. I certainly would suggest not to be too dogmatic about it.ク リス:経済/政治システムに関して:あなたには正しかったが、私の疑いがあるならば、私はうれしいでしょう:おそらく、半分の世界の人口は、まさにこの瞬 間に懐疑的です、しかし、 – あなたとして提案すること-時十分であると想定すれば、彼らが彼らの考えを変えるかもしれなくて。文明に関する地球温暖化の影響に関して:文明は非常にも ろいものです、そして、誰もそれがどのように前に決して経験されないストレスに反応するかについてわかりません。しかし、また、あなたが正しいならば、私 はうれしいでしょう。私は、確かに、それについてあまり独断的であるために、提案しません。

Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 9:11 am 午前9時11分の2007年4月24日

I think the environmental movement has succeeded in selling disaster as likely (given BAU) by pushing that certain other things like links as a scientific certainty – This confuses the masses and the masses put the two together and think there is a certainty of disaster with BAU. There is a near certainty of climate change, and there is a vanishingly tiny possibility that this would cause civilisation threatening disaster. Put the two together, and the conclusion is we don’t want to punish environmental laggards with thermonuclear war. Thermonuclear war is civilisation threatening, and tensions between countries due to climate issues should be downplayed with a view that avoiding large scale wars is more important than standards in reduction of CO2.私 は、環境運動が関連のようなその特定の他のものを押すことによって科学的な確実性と同じくらいありそうな(BAUを与えられる)災難を売ることに成功した と思います – これは多数を混同します、そして、多数は2つをまとめて、災難の確実性がBAUであると思います。気候変動の近い確実性があります、そして、これが災難を 脅かしている文明を引き起こすというvanishinglyに小さい可能性があります。2つをまとめてください、そして、結論は我々が環境出遅れを熱核戦 争で罰したくないということです。熱核戦争は脅迫的な文明です、そして、気候問題のための国の間の緊張は大規模な戦争を避けることがCO2の縮小の標準よ り重要であるという見方で軽視されなければなりません。

krohde Says: krohde Says: April 24th, 2007 at 11:45 am 午前11時45分の2007年4月24日

“Thermonuclear war is civilisation threatening, and tensions between countries due to climate issues should be downplayed with a view that avoiding large scale wars is more important than standards in reduction of CO2.”「熱核戦争は脅迫的な文明です、そして、気候問題のための国の間の緊張は大規模な戦争を避けることがCO2の縮小の標準より重要であるという見方で軽視されなければなりません。」

But this is exactly the point: I don’t think that climate change per se, leading to a global temperature rise of a few or even several centrigrades, would lead to the extinction of our civilization, but thermonuclear war triggered by such rise may. I made this point earlier in a comment on one of my posts, and the point that we face war, if action against global warming is not taken now, was also made by high ranking US generals (although they did not specifically mention thermonuclear war). Atom bombs have been used, and they will be used again if we have the wrong people at the top of powerful nations whose standard of living is threatened for example by uncontrolled large scale population movements.し かし、これは正確に点です:私は気候変動が当然、2、3またはいくつかのcentrigradesのさえ世界的な温度上昇に至って、我々の文明の絶滅につ ながると思いません、しかし、そのような上り坂によって引き起こされる熱核戦争はそうするかもしれません。私は私のポストのうちの1つについてのコメント の初期にこの主張を証明しました、そして、地球温暖化に対する措置が現在とられないならば、我々が戦争に取り組む点は高位の上級米国の将軍(彼らが特に熱 核戦争に言及しなかったが)によっても製作されました。原爆が使われました、そして、我々には生活水準がたとえば自由な大規模な人口運動によって脅かされ る強国の最上位で間違った人々がいるならば、彼らが再び使われます。

krohde Says: krohde Says: April 24th, 2007 at 12:17 pm 午後12時17分の2007年4月24日

Marco: Concerning transfer of bacteria through space. I don’t think your references are conclusive (and you don’t claim they are). I also assume that you do not have access to the Web of Science. I therefore made a brief survey of relevant references in the Web, although I don’t have the time to make a thorough search. I found two references. You will note that one identifies a terrestrial bacterium on the surface of a spacecraft (genus Bacillus) (but as suggested by the Abstract, before it went into space), the other deals with experiments important for potential transfer of microbes from Earth to elsewhere in space. None of the two demonstrates transport of bacteria from space to Earth, but I think it is quite possible, if the following requirements are fulfilled: 1) there is bacterial life on other planets within our solar system; and there are mechanisms which can cause transfer or, 2) if not, that bacteria can survive transport from outside the solar system. I am not aware of any findings which provide evidence for this, but we should keep an open mind and look for it. The second paper below seems to suggest that such evidence does in fact not exist.マ ルコ:スペースを通ってバクテリアの移動に関すること。私は、あなたの引用が決定的である(そして、あなたは彼らがそうであると主張しません)と思いませ ん。私も、あなたがScienceのウェブにアクセスしないと仮定します。私はしたがって、ウェブで関連した引用の短い調査をしました、しかし、私には完 全な検索をする時間がありません。私は、2つの引用を見つけました。あなたはあれが宇宙船(属バチルス属)(しかし、それがスペースに入る前に、要約に よって提案されて)の表面で地球のバクテリアを特定する点に注意します。そして、実験による他の取引がスペースで地球からどこか他の所まで微生物の潜在的 移動にとって重要です。2つのどれもスペースから地球までバクテリアの輸送を示しません、しかし、以下の必要条件が満たされるならば、私はそれが全く可能 であると思います:1)細菌の生命が、我々の太陽系の中の他の惑星にあります;そして、移動を引き起こすことがありえるメカニズムが、あります、あるい は、2)、もしそうでなければ、そのバクテリアは、太陽系の外でから輸送を生き残ることができます。私は証拠をこれに提供する少しの調査結果も知りませ ん、しかし、我々は広い心を保たなければならなくて、それを探さなければなりません。下記の第2の新聞は、そのような証拠が実際存在しないことを示唆する ようです。

Bacillus safensis sp nov., isolated from spacecraft and assembly-facility surfacesバチルス属safensis種小説(宇宙船と集会機能面から分離される) Satomi M (Satomi, Masataka), La Duc MT (La Duc, Myron T.), Venkateswaran K (Venkateswaran, Kasthuri) サトミM(サトミ、マサタカ)、La Duc MT(La Duc、マイロンT.)、Venkateswaran K(Venkateswaran、Kasthuri) Source: INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY 56: 1735-1740 Part 8, AUG 2006 源:組織的で進化の細菌学56の国際的なジャーナル:1735-1740のパート8、2006年8月 Abstract: Thirteen strains of a novel spore-forming, Gram-positive, mesophilic heterotrophic bacterium were isolated from spacecraft surfaces (Mars Odyssey Orbiter) and assembly-facility surfaces at the Jet Propulsion Laboratory in California and the Kennedy Space Center in Florida. Phylogenetic analysis of 16S rRNA gene sequences has placed these novel isolates within the genus Bacillus, the greatest sequence similarity (99-90%) being found with Bacillus pumilus. However, these isolates share a mere 91(.)2 % gyrB sequence similarity with Bacillus pumilus, rendering their 16S rRNA gene-derived relatedness suspect. Furthermore, DNA-DNA hybridization showed only 54-66 % DNA relatedness between the novel isolates and strains of B. pumilus. rep-PCR fingerprinting and previously reported matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry protein profiling clearly distinguished these isolates from B. pumilus. Phenotypic analyses also showed some differentiation between the two genotypic groups, although the fatty acid compositions were almost identical. The polyphasic taxonomic studies revealed distinct clustering of the tested strains into two distinct species. On the basis of phenotypic characteristics and the results of phylogenetic analyses of 16S rRNA and gyrB gene sequences, repetitive element primer-PCR fingerprinting and DNA-DNA hybridization, the 13 isolates represent a novel species of the genus Bacillus, for which the name Bacillus safensis sp. nov. is proposed. 要約:新しい胞子形成、グラム陽性、mesophilicな従属栄養細菌の13の種は、フロリダでカリフォルニアとケネディ宇宙センターでジェット推進研 究所で宇宙船面(マーズオデッセイOrbiter)と集会機能面から分離されました。16SのrRNA遺伝子シーケンスの系統発生の分析は属バチルス属の 範囲内でこれらの新しい分離株を置きました。そして、最も大きなシーケンス類似性(99-90%)がバチルス属pumilusで見つかりました。しかし、 これらの分離株はほんの91の(。)2%のgyrBシーケンス類似性をバチルス属pumilusと共有します。そして、彼らの16SのrRNAに遺伝子か ら派生した相関性容疑者を与えます。これらの分離株と区別されて、明らかに概略を書く、さらに、DNADNA交雑は、新しい分離株とB. pumilus.レパートリーPCR指紋鑑定の重圧の間の54-66%のDNA相関性と前に報告されたマトリックスによって援助されたレーザーだけに脱着 /イオン化飛行時間型の質量分析タンパク質を示しましたB. pumilus.表現型分析も2つの遺伝子型のグループの間でいくらかの分化を示しました、しかし、脂肪酸組成はほとんど同一でした。 polyphasicな分類学の研究は、2つの異なった種に試された重圧の明瞭に集まることを明らかにしました。16SのrRNAとgyrB遺伝子シーケ ンス、反復的な要素下塗り-PCR指紋鑑定とDNADNA交雑の系統発生の分析の表現型特徴と結果に基づいて、13の分離株は属バチルス属の新しい種を表 します。そのために、名前バチルス属safensis sp.小説は提案されます。

Title: Testing interplanetary transfer of bacteria between Earth and Mars as a result of natural impact phenomena and human spaceflight activitiesTitle:自然の影響現象と人間の宇宙飛行活動の結果として地球と火星の間でバクテリアの惑星間の移動をテストすること Fajardo-Cavazos P (Fajardo-Cavazos, Patricia), Schuerger AC (Schuerger, Andrew C.), Nicholson WL (Nicholson, Wayne L.) ファジャルド-カバゾスP(ファジャルド-カバゾス、パトリシア)、Schuerger AC(Schuerger、アンドリューC.)、ニコルソンWL(ニコルソン、ウェインL.) Source: ACTA ASTRONAUTICA 60 (4-7): 534-540 FEB-APR 2007 源:公式記録ASTRONAUTICA 60(4-7):534-540の2007年2月~4月 Abstract: Interplanetary transport of microbes between Earth and Mars can be envisioned to occur either naturally as a consequence of impacts (lithopanspermia) or as a result of human and robotic spaceflight. in either case, the considerations for modeling successful transfer of microbial life are similar.The probability of microbes surviving either natural or human-mediated transfer is a function of: the initial population size and composition (i.e., the bioload); survival of launch, transit through space, entry and deposition; and ability to survive and proliferate on the recipient planet. Modeling this process for testing lithopanspermia and for mitigation of forward and back contamination for planetary protection purposes calls for accurate simulation of all aspects of transfer. 要約:地球と火星の間の微生物の惑星間の輸送も影響(lithopanspermia)の結果として、または、人間でロボット宇宙飛行の結果として当然起 こることが、想像することができます。いずれにせよ、微生物生命のモデル成功した移動のための重要な点は、自然であるか人間によって媒介される移動を耐え ぬくことが機能である微生物のsimilar.The可能性です:最初の人口サイズと構成(すなわちbioload);発射(スペース、入場と堆積を通し ての輸送)の生き残り;そして、生き残って、受取人惑星で増殖する能力。テストlithopanspermiaのための、そして、惑星保護目的のための前 で後ろの汚染の緩和のためのこの方法をモデル化することは、移動のすべての面の正確なシミュレーションを要求します。

Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 2:14 pm 午後2時14分の2007年4月24日

I don’t see how we could seriously “blame” thermonuclear war on climate change. Hatred and fear between enemies without a suitable mediating system is the more general cause – Any of a myriad of important issues could trigger a “hot” war. In fact, concerns about climate change are giving potential proliferators cover because of its carbon neutrality! I find Geopolitical issues to be of considerable importance to everybody’s future. I find the arguments about climate change a sad joke in comparison.私 は、我々がどのように気候変動が深刻に熱核戦争の「原因とすることができたか」について、見ません。適当な仲介しているシステムのない敵の間の憎悪と恐れ は、より一般的な原因です – 無数の重要な問題のどれでも、「激しい」戦争を誘発することができました。実際、気候変動に対する懸念は、そのカーボン中立のため、潜在的 proliferatorsカバーを与えています!私は、Geopolitical問題がみんなの将来に対するかなりの重要性であるとわかります。私は、 気候に対する議論が比較的に嘆かわしい冗談を変えるとわかります。

Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 2:32 pm 午後2時32分の2007年4月24日

As far as the lithopanspermia is concerned, I think scientists concerned are loth to challenge the theory of terrestrial origin of life as we know it. At least until the evidence is completely irrefutable. There are plenty of suitable sites on Mars which should have both fossils of bacteria from when there was liquid water there, and subterranean extremophiles of some sort. I am very certain that these will be found (hopefully in our lifetime). There are also several other places in the solar system to look as well, but that might not happen in the foreseeable future. Until then, the missing evidence will be an article of faith, at least for me.lithopanspermia が関係する限り、私は我々がそれを知っているように、関係する科学者が生物の地球の起源の理論に疑問を呈するためにlothであると思います。少なくとも 証拠まで、完全に反駁できません。多くの適当なサイトが、そこの液体の水と地下の極限環境微生物が少しいつのあったかについて、バクテリアの両方の化石に 整理させなければならない火星にあります。私は、これらが見つかる(期待を持って我々の生涯で)ことを非常に確信しています。同様に見るために、いくつか の他の場所が太陽系にもあります、しかし、それは予見できる将来に起こらないかもしれません。その時までは、少なくとも私のために、なくなった証拠は、信 条です。

krohde Says: krohde Says: April 24th, 2007 at 3:12 pm 午後3時12分の2007年4月24日

Thermonuclear war: well said, but what is responsible for the hatred and fear? Potential proliferators: Pakistan, India and Israel did not need any cover, the first two did it quite openly, the last not so openly. 熱核戦争:井戸は言いました、しかし、何が憎悪と恐れの原因となりますか?潜在的proliferators:パキスタン、インドとイスラエルは少しのカバーも必要としませんでした、最初の2つは全く公然とそれ(最後それほど公然とでなく)をしました。

Suitable mediating system: well said, the first step should be to make all nations, even the most powerful, acknowledge internationally binding treaties on nonproliferation and accept all their conditions, and commit themselves to non-aggression by any weapons.適当な仲介しているシステム:かなり言われて、第一歩はすべての国(最も強力であるもの)を拡散防止に関して国際的に拘束力のある条約を認めて、すべての彼らの状況に順応させて、どんな武器ででも不可侵を約束することでなければなりません。

“I find the arguments about climate change a sad joke in comparison”. Well said, serious effects of climate change are indeed still in the future, I would suggest that the greatest danger at present is the rush to secure oil (and other energy) supplies.「私は、気候に対する議論が比較的に嘆かわしい冗談を変えるとわかります」。気候変動のよく言われた、重大な影響はまだ本当に将来あります、私は最も大きな危険が現在、油(そして、他のエネルギー)供給を確保しようと急ぐことであるように提案します。

krohde Says: krohde Says: April 24th, 2007 at 4:30 pm 午後4時30分の2007年4月24日

Lithopanspermia: I am puzzled and intrigued by your use of “faith” in this context. Is this just a vague expression or does it indicate that presence throughout the Universe of life forms is somehow part of your religious or philosophical beliefs ? After all, Fred Hoyle had such “beliefs” in the context of his steady state theory of the Universe.Lithopanspermia: 私は困って、この文脈において、「信頼」のあなたの使用に興味をそそられます。これはちょうどぼんやりした表情ですか、あるいは、それは生物形態のユニ ヴァースを通した存在がどうにか、あなたの宗教的であるか哲学の信条の一部であることを示しますか?結局、フレッドホイルにはユニヴァースの彼の定常宇宙 論の前後関係で、そのような「信条」がありました。

Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 5:32 pm 午後5時32分の2007年4月24日

In this case, it (faith) is what I believe will eventually be scientifically proven truth. In that single-celled extremophiles are spread throughout the galaxy from an unknown original source. If there is strong evidence to the contrary, this faith would be shattered (but it won’t be)この場合、それ(信頼)は私が結局科学的に証明された真実であると思っていることです。中で、その単細胞の極限環境微生物は、未知の元のソースから銀河中至る所に広げられます。強い証拠が反対にあるならば、この信頼は粉砕されるでしょう(しかし、それがありません)

Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 5:53 pm 午後5時53分の2007年4月24日

Geopolitics: Are the world bodies as they stand a suitable shell of a system that might work? Maybe. They seemed to work reasonably with respect to the Balkans, East Timor and perhaps Gulf War I. It appeared the separation of powers required was that the UN was in the law making arm, the US was the law enforcement arm and a special World court seems to make a pretty good judiciary arm of world law. This system is a shambles in general for Middle Eastern countries. “Criminal” countries can be at the same time “victims” of police action. But like inside individual countries, it doesn’t make the criminals any less criminals. I think even with its perceived misdeeds, no other entity can hope to match the US’s ability to enforce world law when it becomes reality. A world order that formalises these separations of powers can have hope at preventing disastrous conflicts.地 政学:彼らが機能するかもしれないシステムの適当なシェルに耐えて、世界ものは体ですか?多分。彼らはバルカン諸国に関して合理的に働くようでした、東 ティモールとおそらく湾岸戦争I. Itは必要な三権分立が国連が腕を作っている法律であったということであるようでした、米国は法の執行腕でした、そして、特別なWorld法廷は世界法律 のかなり良い司法の腕を作るようです。このシステムは、中東諸国のために大方の修羅場です。「犯罪の」国は、同時に治安活動の「犠牲者」でありえます。し かし、内部の個々の国の様に、それは犯人を一人のより少ない犯人にもしません。私はその認められた悪行でさえ考えると、それが現実になるとき、他のいかな る実体も世界法律を実施する米国の能力にマッチするために望むことができません。力のこれらの分離を正式にする世界秩序には、壊滅的な紛争を防ぐことで、 望みがあることができます。

Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 6:08 pm 午後6時08分の2007年4月24日

The requirement to secure energy supplies is illusion and spin. If an unfriendly country interrupts supply, they lose the income for that supply. Energy can almost entirely be controlled with economic means. Energy taxes can be used to reduce demand if we think reducing demand is a good idea. Security is only an issue because people like to feel secure. There will always be enough energy to do what we want to do. We just might not be able to afford it in all situations.エ ネルギー供給を確保する必要性は、幻想と回転です。非友好的な国が供給を中断するならば、彼らはその供給のために収入を失います。エネルギーは、経済手段 でほとんど完全にコントロールされることができます。我々は需要を減らすことが良い考えであると思うならば、エネルギー税は需要を減らすのに用いられるこ とができます。人々が安心していると感じるのが好きであるので、保安は問題だけです。我々がしたいことをするのに十分なエネルギーが常にあります。Weは ちょうどすべての状況でそれの余裕を持つことができないかもしれません。

krohde Says: krohde Says: April 24th, 2007 at 6:12 pm 午後6時12分の2007年4月24日

Faith: the question is: why do you think there is a single original source, why not many?信頼:問題は以下の通りです:なぜ、あなたは独りの最初の関係者(多くでない理由)があると思いますか?

Chris Fellows Says: クリスフェローズは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 8:05 pm 午後8時05分の2007年4月24日

Venturing an answer to the ’single original source’ question, which Marco may contradict: Given a reasonable mechanism of dispersal, one might expect the first form of life to arise to rapidly adapt to its surroundings and spread widely. As it does so, it will make it much more difficult for an entirely novel form of biology to arise anywhere it colonises because of its efficient use of possible chemical substrates. It appears that only DNA-based life exists on our world, and that this has been the case for at least 500 million years: it seems probable then that either no different forms of life have arrived here during this time, or that if they have they have been efficiently outcompeted by DNA-based life. Unless we are to claim that Earth life has exceptional competitive powers which other hypothetical DNA-based life lacks- which I am loathe to do- the uninterrupted 500 million year+ history of terrestrial life and the dimensions of our galaxy suggest that there are no other effective centres of dispersal in our galaxy. マ ルコが否定するかもしれない『独りの最初の関係者』問題に対する答えを危険にさらすこと:分散の理にかなったメカニズムがあれば、人は生命の第1学年が速 くその環境に適応して、広く広がるために起こると思っているかもしれません。それがそうして、それは生物学のまったく新しい形がどこでも起こることをずっ と難しくします。そして、それは可能な化学サブストレートのその効率的利用のため、植民地を作ります。DNAに基づく生命だけが我々の世界に存在する、そ して、これが少なくとも5億年の間本当だったように見えます:それはそれから、生命で少しも異ならないどちらの形でもこの間にここで現れた候補のようで す、またはそれ、彼らは持ちます。そして、彼らはDNAに基づく生命によって能率的にoutcompetedされました。我々が地球生活には私がそうであ る他の仮定的DNAに拠点を置く生命lacks-がdo-に嫌う特別な競争的力があると主張しないことになっている限り、地球の生命の連続的な5億の year+歴史と我々の銀河の寸法は分散の他のいかなる効果的センターも我々の銀河にないことを示唆します。

There is probably a clearer way to state this argument- I will try again later! 私が後で再びためすこのargument-を述べるよりはっきりした方法が、多分あるでしょう!

Chris Fellows Says: クリスフェローズは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 8:15 pm 午後8時15分の2007年4月24日

‘Loathe to do’ only because of the ‘assumption of mediocrity’ which like ‘entities must not be multiplied beyond necessity’ is of course only a guideline, not an infallible indicator of truth…『実体は、必要性を越えて増やされてはいけません』ことがもちろんガイドライン(真実の絶対確実な指標でない)だけであることを合う『平凡の奪取』のため、『するのを嫌うだけにしてください』…

Marco Parigi Says: マルコParigiは以下のように述べます: April 24th, 2007 at 10:57 pm 午後10時57分の2007年4月24日

The single point of origin is in a sense my feeling of there being a common ancestor amongst all DNA based lifeforms. There is a strong case in my mind that DNA based life is in fact evolved in particular for planet-hopping. Other types of life that couldn’t *as a category* survive the transfer would become extinct along with its host planet. The fact that even human embryos can stay viable indefinitely frozen is an important fact in my thought experiment. It appears even a life-form that has strayed a long way genetically from a typical planet-hopper, still retains the freeze/thaw option in its embryonic stage. The conventional wisdom is that if life formed from nothing here on earth it may easily have happened on a large swathe of the universe’s planets. I am of the opinion that there is both competitive pressures between possible origins as well as between species and the one that can most successfully reproduce and disseminate has won out.一 つの原点は、ある意味で、そこのすべてのDNAの間の普通の祖先であることがlifeformsの基礎を形成したという私の感覚です。強いケースが、 DNAに基づく生命が惑星がとぶために特に実際発展するという私の心の中にあります。それがそうすることができなかった他のタイプの生命*as、 category*は移動がそのホスト惑星に加えて絶滅したようになることを生き残ります。人間の胚さえ凍って無期限に生きられるままでいることができる という事実は、私の思案実験の重要な事実です。それは道に迷った生物形態のようにさえ見えます。そして、遺伝的に典型的惑星-ホッパーからの長い道のりは しかしその初期の段階に凍結/雪解けオプションを保持します。常識は、生命が地球上でここの何からもできないならば、それが宇宙の惑星の大きな列の上で簡 単に起こったかもしれないということです。私は両方の競争的圧力が種の間にと同様に可能な起源の間にあるという意見です、そして、それが最もうまく複写す ることができて、広めることができるものは打ち勝ちました。

krohde Says: krohde Says: April 25th, 2007 at 11:26 am 午前11時26分の2007年4月25日

Since we have now sorted out how you believe life has originated and spread through space, a few words on我々が今はあなたが生命が始まって、スペースに広がったと思っている方法を整理したので、進行中の2、3の語

“The requirement to secure energy supplies is illusion and spin. If an unfriendly country interrupts supply, they lose the income for that supply.”「エネルギー供給を確保する必要性は、幻想と回転です。非友好的な国が供給を中断するならば、彼らはその供給のために収入を失います。」

This is obvious, but history shows that countries like to have their hands on the supplies rather than being dependent on countries that might one day become unfriendly. And this preference for controlling supplies has repeatedly led to wars. Not unimportant: controlling supplies instead of just buying them may increase profits. Shell’s and Exon’s practical “ownership” of Iraq’s oil supplies, for example, would have definite economic advantages for these companies. Russia knew what it was doing when it restricted ownership of Eastern Siberia’s gas supplies by foreign companies ( I think Shell) to below 50% or so.こ れは明らかです、しかし、歴史は国がある日不親切になるかもしれない国に依存していることよりむしろ供給に関して彼らの手があるのを好むことを示します。 そして、電源を制御することのこの選択は、戦争に繰り返しつながりました。重要である:ちょうど彼らを買う代わりに、電源を制御することは、利益を増やす かもしれません。イラクの石油供給のシェルの、そして、エクソンの実際的な「所有」には、たとえば、これらの会社のために確かな経済利点があります。ロシ アは、それが50%ほど以下まで外国の会社(私は、シェルを考えます)によって東部シベリアのガス供給の所有を制限したとき、それが何をしているかについ てわかっていました。

“a special World court seems to make a pretty good judiciary arm of world law” Good idea, we can only hope that the US will recognize it (that is, not just for others but for itself as well).「特別なWorld法廷は、世界法律のかなり良い司法の腕を作るようです」よくやった考え、我々は米国がそれ(つまり、ちょうど他のためにでなくそれ自体でも)を認めることを望むことができるだけです。

” I think even with its perceived misdeeds, no other entity can hope to match the USAs ability to enforce world law when it becomes reality. A world order that formalises these separations of powers can have hope at preventing disastrous conflicts.” I don’t think Russia and China will like that idea. And for good reasons. How does the old saying go?: power corrupts, and absolute power corrupts absolutely (see the present attempts by Bush to keep Wolfowitz in office as the World Bank President in spite of his corruption).「私 はその認められた悪行でさえ考えると、それが現実になるとき、他のいかなる実体も米国sに世界法律を実施する能力に合うものを見つけるために望むことがで きません。力のこれらの分離を正式にする世界秩序には、壊滅的な紛争を防ぐことで、望みがあることができます。」、私はロシアと中国がその考えを好むと思 いません。そして、正当な理由のために。方法は、古い言っている試みをします?力は堕落します、そして、絶対権力は絶対に堕落します(彼の腐敗にもかかわ らず世界銀行大統領としてウォルフォウィッツを職に保つブッシュによる現在の試みを見ます)。

%d bloggers like this: